米国株

ベライゾン(VZ)を売却しました。

悩んでいましたが、サクッと売却しました。

今回お届けする内容はこちら!

  • VZを売却したのはポートフォリオの方針を変更したから。
  • トータルリターンは+2,000円(+1.86%)とパッとしない数値・・・

では、いってみましょう!

売却した理由

高配当株投資家
高配当株投資家
VZって高配当銘柄の常連だよね?なんで??
ヨーシル
ヨーシル
米国株投資を1年間続けて、ポートフォリオの方針を変えたのだ。

これまでの方針

Twitterでも固定ツイートにしていたように、

  1. 高配当株
  2. 成長株

それぞれに手を出して、成長株で得たキャピタルゲインを高配当株に充てて基盤を作り、受け取った配当も高配当株に再投資する戦略を取っていました。

影響を受けたのはバフェット太郎さんの著書『バカでも稼げる 「米国株」高配当投資』を読んだことから考えたものです。

ポートフォリオの変更

こんな考えでコツコツ積み立ててきたのですが、1年が経つか経たないのときにポートフォリオを今後どうしていくか考えるきっかけができました。

このきっかけは『勢いで始めた副業』になります。

カンタンに書きますと、まずは資産を大きくすることに資金を集中させて、資産が大きくなった段階で配当金を意識した投資スタイルに変更していこうというものです。

こちらの記事で詳しく書いていますので、興味がある方はどうぞ。

あわせて読みたい
【方針変更!】握り続けると決めたフィリップ・モリスを売却しました。https://twitter.com/yoshile_blog/status/1202360319688863745 さらっと書...

これを機に『配当』について改めて勉強したりしていまして、配当金にフォーカスした投資というのはあまり意味がないんじゃないかなとも考えるようになっています。。

トータルリターンは+1.86%と微妙・・・

ベライゾンに投資をしてちょうど1年間が経過しましたが、計算してみるとトータルリターン(売買による損益+受取配当金の合計額)は約2,000円(+1.86%)と微妙な結果に終わりました・・・

配当金の推移は少しずつながらも増加傾向にありますが、5年間のチャートを見てみると・・・

かなり乱高下をしながら、わずかながらの上昇という形です。

配当金をもらっていても、含み損があっては大事な資金が溶けていることになります。

受け取った配当金で含み損を相殺していることになっていて、「これじゃ、他の銘柄に資金を集中させたほうが良いのでは?」と思うようになったのです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

ベライゾン(VZ)を売却しました。

投資方針をコロコロ変えてしまっては意味がないことも分かっていますが、自分で納得したことなのでこれからはこの投資方針で進んでいこうと思います。

“改めて配当金について考える”というテーマの記事も書いてみようかと思います。

 

おしまい!