決算確認

【決算確認】ウォルト・ディズニー2020年1Q

継続してウォッチしているウォルト・ディズニーの決算発表があったので、ザックリ見ていきましょう。

今回お届けする内容はこちら!

  • DISの購入はまだ先。
  • 売上高、EPSは市場予想を上回る結果に。
  • Disney +の加入者数は市場予想を上回って2,650万人に到達!Huluの加入者数も3,000万人に到達し順調。
  • 好決算を受けて株価は上昇するも、初動だけの感じ…

では、いってみましょう!

2020年第1Qの内容

A男さん
A男さん
良かったの?悪かったの?
ヨーシル
ヨーシル
売上高、EPS:市場予想超えの良い決算やで。

市場予想との差

四半期決算の発表でまず初めに確認したいものが、売上高、EPSの市場予想を超えたかどうか。

市場予想を超えるのが良い決算なので、せめてここだけでも確認しておきましょう。
今回の決算の結果がこちら。

  • 売上高$20,858M(市場予想:$20,788M)
  • EPS$1.53(市場予想:$1.44)

売上高、EPSとも市場場予想越えとなりました。

ネットフリックスが過去最高の売上高を叩きだしており、ちょっと見劣りするんじゃないかなと思っていましたが、さすがウォルト・ディズニーですな。

今回のハイライト

業績が良かったことがザックリと分かったところで、もう少し詳しく見ておきましょう。

  • 売上高は前年同期比+36%の伸長
  • 部門別ではMedia Networks、Parks,Experiences and Products、Studio Entertainmentすべてが前年同期比を上回る。
  • ディズニーリゾート事業では、米国内は堅調に推移。香港ディズニーランド、上海ディズニーランドは新型コロナウィルスの影響で閉鎖。
  • Disney+は加入者数が2,650万人を達成。

どの部門も業績が伸びていたのはちょっとサプライズでした。

具体的な部門で気になるのは、

  • ディズニーリゾート事業
  • Disney+の動向 

じゃないでしょうか?

ディズニーリゾート事業は堅調に推移していて、特にアメリカでは順調なようです。

東京ディズニーランドはまた値上げもしましたよね…

彼女がディズニーが好きなのでこの話題を振ってみました。

ヨーシル
ヨーシル
ディズニーのチケットまだ値上げするね。

彼女
彼女
ね~。そろそろ気軽に行けないレベルになってきたよね~。まあ、それでも行くけど!

ディズニーの圧倒的な魅力には脱帽です。。

これに対して、世界のディズニーリゾート、なかでも上海と香港のディズニーランドは新型コロナウィルスの影響で無期限閉鎖となっています。

香港のほうはその前からデモが過熱していて、そもそも来園者数が激減していたので今回の閉鎖によるインパクトはそこまで大きくないようです。

まあ、マスコミによれば新型コロナウィルスが大きく取り上げられている一方で、アメリカでは今年に入ってからインフルエンザが猛威を振るっているようです…

次の業績への影響はそこまで大きくないものだと思われます。

そして、Disney+。

やはりコンテンツ力の強さが最も重要だと感じさせられます。

決算資料では2,650万人まで拡大しています。

(引用元:ウォルト・ディズニー決算資料 

Huluの加入者数も記載されていますが、実はHuluの全株式をウォルト・ディズニーが保有しています。100%子会社となっているんですね。

これにESPN+というスポーツ番組に特化した動画配信サービスもウォルト・ディズニーは保有しており、ネットフリックスを討つ態勢を着々と進めています。

株価

A男さん
A男さん
好感触な決算だったということは…?
ヨーシル
ヨーシル
株価は上昇!でも、翌日には落ち込む有様…

(引用元:ヤフーファイナンス

売上高、EPSが市場予想を上回り、これを好材料として株価はこれまでの下落分を盛り返す勢いで上昇しています。

ただ、その翌日には▲2.32%とこれまた大きく下落しています…

僕はすでに損切で売却したのですが、まあ売ってよかったなと思います。

ウォルト・ディズニーがネットフリックスを王座から引きずり落とすだろうと思っています。ただ、それにはもう少し掛かるんじゃないかなと思っています。

ウォルト・ディズニー側の抱える加入者数は、

  • Disney+:2,650万人
  • ESPN+:660万人
  • Hulu:3,040万人

の合計6,350万人です。

これに対して、ネットフリックス側は昨年2月末時点で1億6,000万人を超えているそうです。

ウォルト・ディズニーが猛追しているのは分かりますが、「もう確実に超えられる」ところまではこのまま見守るつもりです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

【決算確認】ウォルト・ディズニー2020年第1Q

ウォルト・ディズニーについては今は静観の姿勢ですが、業績が傾き始めて市場予想を上回ることができなくなってきたときには潔く切り落としていきます。

損切のトリガーは、

  • 四半期決算で市場予想を3回連続下回る。
  • 直近の取得株価から▲8%となる。

の2つを自分のルールとして用意してます。

2つ目のルールに抵触するかもしれないと思い、保有してたウォルト・ディズニーに逆指値を入れようと思ってたら普通の指値で手仕舞いするという失態もつい最近やらかしました。

あわせて読みたい
ミスってDISを売却&直近のDISの状況https://twitter.com/yoshile_blog/status/1222286458704158721 やらかした...

まあ、株価がちょっと奮わない様子だったので結果的には良かったのですが、これを機に損切のときは企業に対する情を捨てて削ぎ落としていく所存です。

 

しまい!