米国株

【方針変更!】握り続けると決めたフィリップ・モリスを売却しました。

さらっと書いていますが、高配当銘柄の常連であるフィリップ・モリス(PM)をすべて売却しました。

今回お届けする内容はこちら!

  • 約1年間保有していたフィリップ・モリス(PM)を手仕舞いすることに。
  • 売却資金でマイクロソフトの株を購入。
  • 理由は“僕の投資方針”の変化。

では、いってみましょう!

フィリップ・モリスは全て売却!

高配当投資家
高配当投資家
は?高配当銘柄の代表格売ってどうすんのよ?
ヨーシル
ヨーシル
ちょっと考え方が変わったので、思い切って。。

売却することにした理由

大きな理由は今後の投資の方針を変えることになったからです。

そのことについては、この後で詳しく書いてあります。

そんな投資方針を変えることによって、フィリップ・モリス(PM)をポートフォリオから外すことになった理由は、

  1. 従来のタバコよりも害が小さい“電子タバコ”が、世界的に規制強化の動きとなってきた。
  2. 今後の大きな成長はあまり期待できないと感じた。

この2つが大きいです。

電子タバコは従来のタバコよりも害が少なく、様々なフレーバーを付けることができることで若者を中心に急速に普及していきました。

これにより、若者の喫煙の常習化の問題が顕在化し、アメリカでは死者が出るなど問題が大きくなったことからマサチューセッツ州では電子タバコを禁止しているようです。

このほかにも、インドでは電子タバコの輸入・販売・製造の禁止を発表し、ブラジル、シンガポールなどでも禁止になるなど、規制強化の動きが加速しているのです。

ヨーシル
ヨーシル
各国の規制強化を敵に回してまで、事業を推進していくのはハードル高すぎない??

こう感じたわけなのです。

「まだ普及しきっていないアフリカへの活路も残されている…!」とは思えません。この規制強化の流れが遅れてやってくるだけですので。

2つめは1つめと関連してはいますが、国を相手にすることは企業が今後も成長していくには“超えなきゃいけない壁”が高すぎると感じました。

また、改めてフィリップ・モリス(PM)の株価チャート(5年)を見てみると、

(引用元:ヤフーファイナンス

“成長しきった感”がとても強いのです。

この後で書いている“まずは資産を大きくする”ためには相応しくない銘柄だと判断したのです。

1年間保有した結果

2019年2月に株主になってから手仕舞いするまでを通してどのくらいのお金をもたらしてくれた(トータルリターン)のでしょうか?

ズバリ、、+3,186円!!

フィリップモリスに投資していた金額は約11万円くらいでしたので、利回りで表示すると+2.74%でした。

売買による損失を、これまで保有していたことによる配当金によってカバーし、利益に持っていった形です。

だいたい1年間の保有でこれくらいのパフォーマンスならば、新しくしたポートフォリオに投資したほうがよりリターンが大きくなることも確認することができたので、良かったです。

まあ、プラスで手仕舞いすることができて何よりですね。。笑

ちなみに、今回の売却資金はすぐにマイクロソフトの購入に使いました。

ポートフォリオを変えることに

高配当株投資家
高配当株投資家
それで、どう変えたんだい?
ヨーシル
ヨーシル
“資産を大きくしてくれる”銘柄に資金を集めるようにした!

元々のポートフォリオ

  1. 楽天VTI
  2. マイクロソフト
  3. ビザ
  4. ウォルト・ディズニー
  5. コカ・コーラ
  6. ベライゾン
  7. フィリップ・モリス

これにどんどん資金を積んでいくのが、これまで決めていたポートフォリオでした。

当時は、高配当銘柄で受け取った配当を再投資に回す原資にし、グロース銘柄(僕の中では、将来の高配当銘柄という位置付け)ではキャピタルゲインを狙っていく、という強欲さを体現した銘柄選びになっていました。

きっかけ

このポートフォリオに『?』となったきっかけは、少し前から始めた副業でした。

「ここで作った資金を米国株にぶち込むんだ。ぐふふふ。」という下心が大前提にあり、そんななかで「こんなサービスがあったら喜ばれるだろうな」と思い、副業をスタートさせました。

まだ自分の収入にはまだ直結していませんが、いろんな方とお会いして自分がやりたいことをお伝えすると、「会社員の副業でやっているとは思わなかった。なんで独立しないの?」「独立する決心が着くなら、それなりの規模にまで成長させる自信があるのに。。」と有難いお言葉をいただきました。

褒められると図に乗るタイプの僕は、

ヨーシル
ヨーシル
会社員を辞めるつもりはまだないけど、規模を大きくしていこう!

と思い、“とりあえずいろんな人に知ってもらう”ことを最優先にアクションを取りました。

割愛しちゃいますが、その結果、収益化できる準備が整い、「あとは刈り取るのみ!」という状態にまで持ってこれたのです。一応、あと1年後には会社員の給与に匹敵する収益が上がる計画です。(まあ、計画通りに行くことは稀ですが。笑)

副業すると決めて半年くらいの短期間でここまで来れたのは、目標に到達するまでに『選択と集中』をメリハリ付けて行ったからだと自分では感じます。

そこで、コツコツ継続している投資にもこの考え方は当てはまるのでは?と思ったわけです。

つまり、セミリタイアという目標の達成には、

  • 始めから高配当株に投資し続ける

よりも、

  • “将来の高配当銘柄”に資金を集中させて資産を大きくし、ある程度大きくなった段階で別の高配当銘柄やETFに徐々に切り替えていく

方が、早く実現できるんじゃないかと考えたのです。

自分でもこの考えに納得したため、ポートフォリオを見直すことにしました。

ヨーシルのポートフォリオ(改)

考えを改めて、新しく作ったポートフォリオがこちら。

  1. 楽天VTI
  2. マイクロソフト
  3. ウォルト・ディズニー
  4. ビザ
  5. マクドナルド
  6. コカ・コーラ

資金を集中させるために、今回売却したフィリップ・モリスのほかに、ベライゾンも売却することにしました。

最後に

いかがでしたでしょうか?

【方針変更!】握り続けると決めたフィリップモリス(PM)を売却しました。

今年の初めに打ち立てた方針を、1年経過したくらいで変えることになりました。

なかには、

ディスるのが生きがいな人
ディスるのが生きがいな人
いやいや、継続する意思弱すぎだろww

と嘲笑する人もいるでしょう。

たしかに継続することの大切さは僕も感じていまして、大きな目標である“セミリタイアを達成する”を成し遂げるために、米国株に投資することは止めるつもりはありません。

この目標を達成するために、“まずは大きく資産を作ることに集中することにした”というわけで、僕の中ではしっかり継続されているのです。

ヨーシル
ヨーシル
資産を作るために副業も始めてるぞ~

まずは30才までに金融資産を1,500万円にするため、

  1. 大きく成長が期待できる米国株に投資
  2. 副業で収入の上限を上げる

に集中していきます!!

 

おしまい!